武漢神風模具製造有限公司

企業情報
現在地:ホーム > 企業情報 > 基本情報 > 

   
  武漢神風は既に60年余りの古い歴史をもつ企業であります、会社は1950年に創始され、元の会社(黄陂第四自動車部品工場)は国営企業です、1992年に買収し、そして、リストラを行って、1995年に正式的に武漢市神風汽車工業有限責任公司を成立しました。2002年と2010年それぞれに十堰支社、襄陽支社を設立しました。2013年、会社は工場の建物を新築しました、面積は合計で約3万平方メートルです。工場は中国の武漢市にあり、地理位置に恵まれて、交通は非常に便利で、環境もきれいです。金型製造経験の積み重ね、市場発展ニーズの日々増加に伴って、2018年、会社は現有の金型部門を拡大して、正式的に登録し、武漢神風製造有限公司を成立しました。
  
  武漢神風金型製造有限公司は各種精密金属金型の設計・製造を一体としたハイテク企業です。特に順送金型、単発金型、ドロー金型等精密プレス金型の設計・製造に精通しております。会社の設備が完備されており、技術レベルも一流です。武漢神風現有社員数は500人余り、その中で、金型公司は約100人占めています。CNC加工センター、ワイヤー放電加工機、旋盤、フライス盤、研磨機、ボール盤40台余りで、プレス機(150T~1600T)35台、三次元等加工測定設備を有しております。
  
  未来、“神風人”は時代とともに歩み、会社を中国一流の精密金属金型設計・製造の大型生産基地にすることを目指しております。